個人再生や任意整理を行う際は継続した収入があ

個人再生や任意整理を行う際は継続した収入があるのが前提ですが、生活保護受給者は保護費という収入があっても対象外となります。本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、債務の返済などに利用してしまえば、生活保護費の支給を打ち切るといったケースも過去にはあるのです。
結局のところ、生活保護で生活している期間内に債務整理を行うなら、選択肢は自己破産のみと考えて間違いありません。隠すより、早く弁護士等に相談することをおすすめします。

借金を清算できる債務整理ですが、不利に働くこともあります。代表的なものは、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。つまり、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。

一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、どの債務整理の方法を選んだかでブラックが解消されるまでが最短でも5年間から10年間と違いがあります。
住宅ローン申請をしてみるとどうなるかというなら、利用することはできないです。

債務整理をした場合には、お金をどうやっても借りられなくなって、信用情報に載ってしまいます。

しばらく時間をおいて、様子をみてみましょう。

家族に秘密でお金を借りていましたが、とうとう返せなくなって、債務整理する事になりました。

かなり多額の借金があるため、もう返済出来なくなったのです。話を聞いてもらったのは某弁護士事務所でかなり安い金額で債務整理をしてくださいました。

公務員が債務整理をした場合、ぜったい職場にばれると思い込んでいる人もいますが、それは間違いです。
自己破産は別として、その他の債務整理では手続き後も自分から話さなければ会社に知られる可能性はありません。

ただ、公務員の共済組合といった職場絡みの機関でも融資を受けている場合は、そのルートから発覚するおそれがあります。借金を解決するための債務整理は専業主婦でも可能です。
もちろん、内々に手続きをうけることもできますが、借金の額が大きいときは家の者に相談した方がいいです。

専業主婦でも返済が困難になれば、弁護士に話して何とかすることが可能です。
掛け捨てなら関係ないのですが、返戻金がある生命保険だと、債務整理に伴って解約が必要なこともあります。
自己破産については、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。収入があり、返済する債務が残る個人再生の場合、保険契約を解約するまではいかないものの、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。
これが任意整理となると、解約を求められることもなく、解約返戻金の金額のせいで返済額が増えることもないです。たとえば債権者に給料を差押えされている場合に当該債権者(差押えをしている側)を対象とした債務整理をすれば、差押えは手続きを始めた時点ですんなり解除されるものと思いがちですが、例外はあります。残念ながら任意整理については手続き開始時点では差押えは解除しなくても良いため、給与の差し押さえは続くことになります。

早々に和解を成立し、差し押さえ解除に持ち込まないと身動きがとれなくなってしまいます。キャッシングはお金が足りなくなった時の心強い味方です。

でも、返済能力を超えた使い方は厳禁です。

使い過ぎて借入額を増やしてしまうと、返済時に苦しまされることになります。

こうした場合に有効な手段が債務整理です。
今の債務状況を鑑みて自己破産や任意整理、あるいは個人再生などをすることで、債務を適正な範囲に収めることができるので、完済に向けて再スタートが切れます。

人には話したくないこともあると思いますが、債務に関することは、弁護士にきちんと話しておきましょう。

弁護士は依頼者を信頼して手続きを進めているため、嘘があると計算が狂います。

債務整理のために自己破産するのは、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証するわけです。まだ返済の見込みがあるのなら、そもそも債務整理の意味がありませんし、お金を貸していた業者も納得はしないでしょう。

後ろめたいことでも正直に申告しないと、大きなペナルティになりますから、このようなことは考えないでください。
プリウス 任意保険